eSampo mama

イーサンポママ

プレママBooks

妊娠中期(4~7カ月)

特に摂取したい栄養素

鉄分カルシウム、葉酸、食物繊維、ビタミン など

貧血予防に鉄分はたっぷりと!

妊娠20週を過ぎた頃から、血液循環量が急激に増え、相対的に赤血球が減るので貧血の心配が出てきます。また、母体の貧血は出生後の赤ちゃんの発育にも影響が出てくるので要注意。特に妊娠中に多いのは鉄欠乏性貧血でそれを予防するためにも、鉄分が豊富な食べ物、それと同時に鉄分の吸収を高めるためビタミンCや良性たんぱく質が多く含まれる食材をしっかり食べましょう。

鉄分が多く含まれる食品
レバー、ヒレ肉(牛、豚、鶏に限らず)、いわし、まぐろ(赤身)、かぼちゃ、ほうれん草、豆類、高野豆腐、切干大根、ひじき、ドライフルーツ など

カルシウムは妊娠前の1.5倍に

カルシウムは胎盤を通して赤ちゃんに移行するので、妊娠前よりも1.5倍の量が必要になります。赤ちゃんの骨を作るため、また血液の重要な成分となる大切な栄養素なので、しっかり摂取することを心がけましょう。

カルシウムが多く含まれる食品
牛乳、ヨーグルト、チーズ、丸干しイワシ、煮干し、ちりめんじゃこ、木綿豆腐、高野豆腐、油揚げ、納豆、小松菜、ひじき、切干大根、わかめ、こんぶ など

出典:厚生労働省「妊産婦のための食事生活指針」

page top