eSampo mama

イーサンポママ

プレママBooks

仮性陥没乳頭なのですが・・・

Q22仮性陥没乳頭だと、妊娠中にひどく痛いマッサージを受けねばならず、産後の授乳もしにくいと聞いたのですが本当ですか?また、妊娠前に治す方法があれば教えてください。

answer

A22個人差があることですから、一概には言えません

母乳というのは乳首だけから出ているのではなく、乳輪からも出ているのです。乳輪に小さなボツボツがあるでしょう?あれは乳管の開口部の名残であって、そこからも母乳が出るのです。赤ちゃんは乳輪全体を口に含みますから、たとえ乳首がしっかり出ていなくても、母乳を飲むことはできるんですよ。ですから乳首を含めた乳輪の皮膚をマッサージして丈夫にしておく必要はあるのですが、それは出産の間際で充分間に合います。むしろ、妊娠の早い時期にマッサージを習慣化すると、子宮が収縮して陣痛が起こり、流産を引き起こしやすくなったりするのです。ですから、妊娠7~8か月になって、助産婦さんがマッサージを指導してくれるまでは、何もしないほうがいいと言えます。
そのマッサージが痛いかということについては、これは個人差があることですから何とも言えないですね。別に陥没乳頭でなくとも、乳首が固い人だと痛いようです。

妊娠前に陥没乳頭を完全に治す方法というのは、残念ながらありません。しかし、仮性ということは、引っ張れば乳首が出てくるということですよね。そうであるなら、妊娠すれば乳首が出てくる可能性もありますよ。また、妊娠前に乳首をいじり過ぎると、乳管から細菌が入ってしまい、妊娠していないにも関わらず乳腺炎になったりしますから、あまり気にしない方がいいでしょう。

page top