eSampo mama

イーサンポママ

プレママBooks

出産方法
無痛分娩(麻酔分娩)

麻酔を使って、陣痛や出産時の会陰の痛みを緩和する処置を「無痛分娩(和痛分娩/麻酔分娩)」といいます。出産時の痛みからくるストレスやパニックを回避する利点があり、欧米で主流となっている出産方法です(日本は自然分娩が主流)。麻酔方法により全身麻酔と部分麻酔に分けられます。

全身麻酔

現在はほとんど行われていない方法です。意識がなくなるため、痛みも感じなくなりますが、いきんだり、産声を聞いたりする出産の感覚もなくなります。自分でいきめないので吸引分娩などの処置が必要です。母体の全身状態が悪かったり胎児の心拍の低下など緊急帝王切開のときには、全身麻酔下で行います。

部分(局所)麻酔

産道から会陰部だけに麻酔をかける陰部神経ブロック法と、腰椎の硬膜外腔に背中からカテーテルで断続的に少量ずつ麻酔する硬膜外麻酔があります。現在、主に使われているのは硬膜外麻酔で血液中に麻酔薬が入らないので、胎児への影響はほとんどないといわれています。意識ははっきりあり、自分でいきむこともできるので出産の感覚が得られます。

page top