eSampo mama

イーサンポママ

いまママBooks

布と紙、どっちがいい?

布おむつを知ろう

どんな種類があるの?

以前は、布おむつといえば「さらし」でした。しかし吸収性が悪く、肌触りも良くないので、今ではあまり人気がありません。その点「ドビー織り」のおむつは吸収性・肌触りがよくかぶれにくいので、赤ちゃんに優しい布おむつとして、よく利用されています。
また、自分で裁断して輪の形に縫い上げる「反物」と、もうすでに縫いあがっている「輪形」があります。

種類 特徴
さらし 薄手で通気性がよく洗濯したあとの乾きも速いのがメリットです。ドビー織りと比べると、吸収力がやや劣ります。
ドビー織り 表面にこまかな凹凸があり、通気性、吸水性にすぐれています。肌触りもソフトです。さらしよりちょっと厚手。
キルティング(成形) 赤ちゃんの体型に合わせて裁断、縫製された成形おむつ。吸水性に富み肌触りもとてもやわらかですが、乾きにくいのが難点。
page top