eSampo mama

イーサンポママ

いまママBooks

うんちでわかる健康状態

うんちと赤ちゃんの健康状態

離乳食前と離乳食後のうんち

赤ちゃんのうんちの状態は授乳スタイルや月齢でも違いがあります。

離乳食前

離乳食前

まだまだ不安定。
色も形も赤ちゃん独特のものです。

母乳
母乳の赤ちゃんの場合は、とてもやわらかいうんちが出る傾向があります。また、黄色みが強く臭いも粉ミルクに比べて強いことが母乳の特徴です。

混合
粉ミルク&母乳の赤ちゃんのうんちは、母乳と粉ミルクの割合によってその様子も変わってきます。粉ミルクが多い赤ちゃんは粉ミルクの特徴が強く、またその逆も然りです。

粉ミルク
粉ミルクの赤ちゃんの場合は、母乳に比べて緑色でかためのうんちになります。また、母乳にくらべ便秘になりやすい傾向もあるようです。

離乳食後

だんだん大人のうんちに近づいてきます

1回食(5~6ヶ月)
離乳食に移ると、今までと違う食べ物に腸がおどろいて下痢になってしまう赤ちゃんもいますがこれはすぐ治ります。うんちの回数も少なくなってきます。

2回食(7~8ヶ月)
離乳食で食べた、野菜の形や色が見えるときもあります。色もどんどん茶色くなって、ほぼ固形になってきます。

3回食(9ヶ月~)
色もかたちも大人のものにずいぶん近づいて「立派」になってきます。食べ物によって、その状態も変化しますが、臭いも強くなり、完了期にはほぼ大人のうんちと変わらなくなってきます。

page top