eSampo mama

イーサンポママ

いまママBooks

脳・神経系

熱性けいれん(ひきつけ)

どんな病気?

赤ちゃんや乳幼児が急な発熱を起こしたときに起こすけいれんです。
数分でおさまり、特に後遺症などを残しません。
日本人10~20人に1人は経験したことがあるといわれるほど、比較的よく見られる病気です。

Top

何歳位でかかるの?

生後6ヶ月以降、4歳までの小児に起こりやすいようです。

Top

症状は?

熱によって脳に異常放電が起こり、筋肉がけいれんする病気です。赤ちゃんの脳が未熟なため引き起こされる発作で、体がガタガタ震えたり、硬直したりします。左右対称に手足が動き、持続時間は1~3分程度で治まるのが通常です。

Top

治療法・予防法

熱性けいれんを繰り返す子は、けいれんを抑える座薬を処方しておいてもらったほうがよいでしょう。けいれんを起こした際には、よく子どもの状態を観察し、けいれん持続時間、手足の動き方をよく観察します。

Top

お家でのケア方法

けいれんを起こしたときには、慌てずに様子をみましょう。衣服で体を締め付けないようにゆるめ、吐きそうな場合には顔を横にしてください。けいれんの持続時間を測ります。
もし15分以上続くような場合やけいれんが治まっても意識が戻らないなどの場合には至急病院へ連れていきます。

Top

頻度

よくある

page top