eSampo mama

イーサンポママ

いまママBooks

耳・目・鼻・口

未熟児網膜症(みじゅくじもうまくしょう)

どんな病気?

非常に早く生まれた小さな赤ちゃんにおこる、網膜の小血管が異常に増殖する病気です。
網膜の血管の成長がしばらくの抑えられていた後、急激に無秩序な形で発育し、網膜はく離を起こしてしまう病気です。

Top

何歳位でかかるの?

超低出生体重児など非常に早く生まれた小さな赤ちゃんに起こります。

Top

症状は?

網膜の中で起こるため、初期には外からは特に症状が分かりません。
非常に早く生まれた赤ちゃんの場合は、生後4週間以降から眼科医に定期的に診察を受けることになります。

Top

治療法・予防法

軽症のケースだと、自然によくなります。
網膜がはがれかけた時は、光凝固や冷凍凝固といった治療を行い、レーザーや液化ガスなどで人工的に網膜を固定します。

Top

お家でのケア方法

退院後は定期的に視力検査に眼科に通います。

Top

頻度

ほとんどない

page top