eSampo mama

イーサンポママ

いまママBooks

呼吸器系

気管支炎

どんな病気?

ウイルスや細菌、マイコプラズマなどが気管支に炎症を起こす病気です。
風邪症候群から進行して起こることが多いようです。アデノウイルス、RSウイルス、インフルエンザウイルスなど気管支粘膜につきやすく、炎症を起こしやすいものが気管支炎を起こします。他にも、はしか(麻疹)ウイルスも気管支炎を起こしやすいといわれています。

Top

何歳位でかかるの?

乳幼児に多く見られますが、小中学生などもかかります。

Top

症状は?

痰が絡んだような咳がひどく、夜寝られず、食欲がない、ぐったりしている、発熱が5日以上続くというような症状がみられたら、気管支炎を疑います。
気管支炎では、最初は乾いたような「コンコン」という咳が出ていても、次第に「ゴボゴボ」と咳が激しくなり、胸が痛かったり、ゼーゼーいうようになってきます。咳だけが1~2週間残ることもあります。

Top

治療法・予防法

痰切り、気管支拡張剤などを服用します。薬が有効なら、1週間程度で症状は軽快します。
ただし、気管支喘息やアレルギーの症状が出やすい人は、注意して経過をみなければなりません。

Top

お家でのケア方法

栄養のある食事を心がけ、安静にしましょう。家族や周りに喫煙者がいる場合、煙草は控えてもらいましょう。
咳は痰を出すための体の防衛反応です。水分が足りなくなると痰が粘稠になり、出しにくくなるので水分は十分に与えます。呼吸が止まるぐらいの激しい咳が続くときは、休日でも夜間でも急いで一度診察を受けたほうが良いでしょう。

Top

頻度

よくある

page top