eSampo mama

イーサンポママ

いまママBooks

感染症

りんご病

どんな病気?

りんご病は正式には伝染性紅斑といい、頬が赤くなる病気です。
ヒトパルボウイルスB19というウイルスの感染症で、感染する時期は頬の赤くなる1週間ぐらい前だのため、頬の赤くなる時期はすでに感染力はないといわれています。
小児に多くみられますが、大人が感染すると膠原病に似た症状が出ることがあります。

Top

何歳位でかかるの?

年齢を問わずかかります(大人は重症になることがある)が、5~9歳が多いです。

Top

症状は?

咳、鼻、微熱の、風邪のような症状が見られます。その後、1週間ぐらいしてから、両方の頬がりんごのように赤くなります。同時に、太ももや臀部、腕にも、レース状のまだら模様が出現します。熱は出たとしても微熱程度です。この時点で、りんご病と診断されます。この発疹は1週間で消えていきます。

Top

治療法・予防法

特別な治療は必要ありません。ふだんどおりの生活でよいでしょう。

Top

お家でのケア方法

入浴したり日光に当たったりすると、発疹が目立つことがあります。発疹が出ているときは、日光は避けたほうがよいでしょう。
頬が赤くなったときは、うつる時期は過ぎているため、登園・登校して構いません。

Top

頻度

よくある

page top