eSampo mama

イーサンポママ

いまママBooks

感染症

百日ぜき(ひゃくにちぜき)

どんな病気?

伝染力の強い「百日ぜき菌」という細菌が、喉や鼻に入り発病します。潜伏期間は通常7~10日です。熱は出ず、風邪と同じような咳で始まり、次第に激しく咳き込み、呻くようになります。

Top

何歳位でかかるの?

乳幼児がかかる病気。
1歳未満(特に生後6ヶ月以内)は重症(脳症や呼吸停止)になることもあるので注意が必要です。

Top

症状は?

最初に風邪と同じような咳・くしゃみが1週間程度続きます。次第に咳はひどくなり、苦しくて顔を真っ赤にして息を止めてしまうような激しく連続する咳に変わります。空気を吸うときにヒーという音(レプリーゼ)が出るのも特徴です。この時期にけいれんを起こしたり、呼吸が止まったりする重症例もみられます。この症状が3~4週間続き、2~3週間かけて回復していきます。

Top

治療法・予防法

抗生物質のエリスロマイシンが有効ですが、効果がでるまでに時間がかかります。咳止めなども処方されますが、あまり効果はありません。
乳幼児は重い合併症を引き起こし、入院治療になることも少なくありません。なるべく早期に予防接種(DPT三種混合ワクチン。百日ぜきも含まれている)を受けることが最も良い予防法です。

Top

お家でのケア方法

咳が出たら背中をさすってあげましょう。興奮したり、冷たい風に当たると、咳を誘発するので注意をしてください。
1歳未満の赤ちゃんでは、呼吸困難やひきつけなどを起こすことがあるので、注意して経過を見ましょう。

Top

頻度

まれにある

page top