eSampo mama

イーサンポママ

いまママBooks

感染症

突発性発疹(とっぱつせいほっしん)

どんな病気?

お母さんからもらった免疫がなくなってくる6ヶ月~1歳半くらいにかかりやすいウイルスによる感染症です。
感染力はほとんどなく、流行もしません。生後初めて熱を出す病気となることが多いようです。

Top

何歳位でかかるの?

6ヶ月~1歳半くらい

Top

症状は?

突然、38.5℃~40℃の高熱が出ます。熱は3~4日続き、熱が下がった後に、全身に赤い発疹が出るのが特徴です。発疹は4?5日で胴体から全身に広がり、まもなく薄くなっていきます。かゆみはありません。
下痢を伴うこともあるので、離乳食をはじめたばかりの赤ちゃんは栄養に気をつける必要があります。

Top

治療法・予防法

熱が出たら早めに受診しましょう。夜間に熱が出た場合、機嫌が良く、食欲があるのなら、翌日受診でも良いでしょう。機嫌が極端に悪く、ぐったりしているようなら、夜間でも一度病院で診察を受けましょう。

Top

お家でのケア方法

高熱が続いている間は、安静にし、水分補給を十分に行います。
突発性発疹は、時に熱性けいれんを起こす赤ちゃんがいるので、要注意です。

Top

頻度

よくある

page top