eSampo mama

イーサンポママ

いまママBooks

感染症

RSウイルス感染症

どんな病気?

12月をピークに10月~2月頃流行します。
RSウイルスは風邪症状から乳児では細気管支炎という、ゼーゼーや呼吸困難を呈する肺炎を起こすこともあります。このウイルスは母親から抗体が移行しないため、生後まもない赤ちゃんでも感染し、発病することがあります。

Top

何歳位でかかるの?

乳幼児に多くみられ、1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ100%が感染すると言われています。

Top

症状は?

潜伏期間は3~7日。感染するとまず、咳や鼻水などの症状が2~3日続きます。その後、ゼーゼーした喘鳴や多呼吸、陥没呼吸などの重い症状が現れ、ひどいと入院になります。このような症状になるのは、1歳以下の乳児に多いです。その後、通常は1~2週間で症状は軽快していきます。

Top

治療法・予防法

乳幼児は重症化しやすいので注意が必要です。ゼーゼーとした咳や、発熱、呼吸困難を起こしているようなときには急いで医療機関を受診してください。
飛沫感染と接触感染でうつるため、集団生活をしている乳幼児はよく手を洗う、うがいをするなど、予防に気をつけてください。

Top

お家でのケア方法

通常の風邪と同様に安静にし、よく水分補給と睡眠、栄養をとってください。
乳幼児は重症化しやすいため、ゼーゼー、ヒューヒューといった音のでる咳や、顔色が悪くなるなどの症状がみられたら(特に夜間)、すぐに受診する必要があります。

Top

頻度

よくある

page top