eSampo mama

イーサンポママ

いまママBooks

骨・筋肉・関節

先天性股関節脱臼(せんてんせいこかんせつだっきゅう)

どんな病気?

股関節の骨が、骨盤からはずれてしまう病気です。
男児より女児に多くみられます。
病名では「先天性」というものの、生まれつきの例は少なく、生後脱臼、亜脱臼が進行します。

Top

何歳位でかかるの?

生まれてから脱臼が進行し、3~4ヶ月健診で見つかることが多いようです。

Top

症状は?

以下の3つの症状が見られます。
(1)両ひざを立てると、高さが違い、脱臼しているほうのひざが低くなります。
(2)両足を伸ばしたとき、脱臼しているほうの足の長さが短くなります。
(3)太もものしわが左右非対称になります。

Top

治療法・予防法

おむつの当て方や抱き方を工夫することで治る例もあります。
治療は、リーメンビューゲルという装具を使用します。この装具を肩から足にかけて吊るし、自由に足を動かしていると、脱臼している股関節が自然に正常な位置にはまっていきます。

Top

お家でのケア方法

おむつを固く当てないようにします。また、厚着や横抱きをひかえます。これは足を閉じて固定してしまうため、長時間行うと好ましくないとされています。

Top

頻度

たまにある

page top