eSampo mama

イーサンポママ

いまママBooks

骨・筋肉・関節

筋性斜頸(きんせいしゃけい)

どんな病気?

赤ちゃんの首のつけ根(胸鎖乳突筋)に、硬いごりごりしたしこりができます。このため首が左右どちらかに傾き、いつも同じ方向を向くようになります。

Top

何歳位でかかるの?

分娩外傷が関係するといわれており、生後1週から認められ、生後3週で一番大きくなります。その後、退縮していきます。

Top

症状は?

しこりのある側に首を傾け、反対側ばかり向くようになります。赤ちゃんが自分で首を動かせるようになると、しこりは目立たなくなっていきます。

Top

治療法・予防法

1歳を過ぎても治らず、症状がひどい場合は、整形外科医が手術をすることもあります。

Top

お家でのケア方法

斜頸の子どもは、いつも同じ方向を向いて寝てしまいがちなので、頭の下にドーナッツ枕やタオルを敷くなどして、頭の向く方向がいつも同じにならないように配慮しましょう。

Top

頻度

たまにある

page top