eSampo mama

イーサンポママ

いまママBooks

骨・筋肉・関節

外反扁平足(がいはんへんぺいそく)

どんな病気?

足の裏に土踏まずがないため、足首が外側に反っている状態です。
足の筋肉やじん帯が弱い赤ちゃんにみられるようです。多くの場合、歩き始めても足の裏に土踏まずができません。

Top

何歳位でかかるの?

3歳くらいになっても土踏まずができず、偏平足になります。
運動を嫌がり、足の痛みをよく訴えます。

Top

症状は?

赤ちゃんにはもともと土踏まずがなく、歩き始めるにつれて形作られていくのですが、外反扁平足の人は土踏まずができません。このため、長時間歩くと足が痛くなり、すぐに疲れてしまいます。

Top

治療法・予防法

ひどい場合は、整形外科で、矯正靴や矯正具などによる治療を行うことがあります。
歩くことに支障がある場合は、早めに相談するとよいでしょう。

Top

お家でのケア方法

素足で過ごさせたり、歩く・走るなどよく運動を行ったり、つま先立ちが土踏まずの形成によいといわれています。

Top

頻度

まれにある

page top