eSampo mama

イーサンポママ

いまママBooks

皮膚

とびひ

どんな病気?

初夏から夏にかけて子どもに多くみられます。
虫刺されやあせも、湿疹など、皮膚が傷ついたところに黄色ブドウ球菌が感染し、皮膚を溶かし、皮膚がじくじく状になります。
伝染力が強く、赤いじくじくしたおできが飛び火のように、あっという間に体のあちこちに広がるので「とびひ」と呼ばれています。

Top

何歳位でかかるの?

子どもに多い病気ですが、大人でも発病します。

Top

症状は?

かゆみを伴った水疱ができ、すぐやぶれてじくじくしてきます。このじくじくした液の中に細菌や膿が多量に含まれています。
かきむしると液が、他の皮膚に付着して次々に新しいじくじく(膿痂疹)をつくります。

Top

治療法・予防法

抗生物質を服用したり、じくじくに抗生剤の軟膏を塗ったりします。
じくじくが少ないうちに、早めに治療を始めることが大切です。

Top

お家でのケア方法

じくじく(膿痂疹)を広げないためには、かきむしらないよう注意が必要です。
熱がなければシャワーを使い、皮膚の清潔を保ちましょう。泡だてた石鹸で、患部を丁寧に洗い流します。入浴後は、じくじくからしみ出た液体が周囲に接触しないよう、患部に軟膏を塗ったり、ガーゼなどでおおう保護処置が必要です。

Top

頻度

よくある

page top