eSampo mama

イーサンポママ

いまママBooks

赤ちゃんの肌について

スキンケアを怠った赤ちゃんが罹りやすい肌トラブル

ケアを怠ると生じやすい赤ちゃんの肌トラブルにはどんなものがあるのでしょうか。

  • あせも説明
  • おむつかぶれ説明
  • カンジダ皮膚炎説明
  • 乳児湿疹 / 新生児ニキビ / 乳児脂漏性湿疹

乳児湿疹 / 新生児ニキビ / 乳児脂漏性湿疹

カサカサしたり、ジュクジュクしたり、赤いポツポツができるなど、赤ちゃんの顔や体にできる湿疹を総称し「乳児湿疹」と呼びます。

中でも代表的なのが「新生児ニキビ(新生児ざそう)」と「乳児脂漏性湿疹」。

「新生児ニキビ」は、生後間もなくから3ヶ月ごろまでに見られるニキビを差します。頬やおでこに、赤いブツブツができますが、かゆみや痛みはなく、肌を清潔に保っていれば自然に治っていきます。

また、生後2週間から6カ月ごろの皮脂分泌の多い時期、髪の生え際や眉毛、鼻の周りなどに黄色いフケ状のものや脂っぽいかさぶたのようなものがつく症状を「乳児脂漏性湿疹」とよびます。

ニキビ同様、肌を清潔にしていれば自然治癒します。

page top