eSampo mama

イーサンポママ

Books

子宮の病気

子宮内膜症

子宮内膜症って?

子宮内膜症は、成人女性の10人に1人が発症するといわれている疾患です。30~40歳代に多く、近年は20歳代でも多発傾向にあります。この疾患は、子宮内壁の内膜組織が子宮内壁以外で増殖し、そこで月経のたびに出血を繰り返すという疾患。腹腔内で増殖して、腸と子宮や卵巣が癒着してしまい、痛みを引き起こすことがあります。
「チョコレート嚢腫」は、卵巣内で内膜の組織が増殖して卵巣がはれ上がる疾患です。

Top

どんな症状?

症状としては、

  1. かなり強い月経痛
  2. セックスの際の痛み
  3. 排便痛

いずれも適切な治療を受けずにいると、不妊の原因となったり、チョコレートのう胞という血のかたまりができたり、腹膜内で大出血などを引き起こす可能性があります。

page top