eSampo mama

イーサンポママ

Books

生殖器の病気

梅毒(ばいどく)

梅毒って?

梅毒は、スピロヘータという細菌の一種である病原菌、梅毒トレポネーマの感染により発症します。直接的な性行為(セックス、オーラルセックス、アナルセックス)による感染が主ですが、キスや軽いペッティングでも感染の可能性はあります。「梅毒」は、症状のある「顕性梅毒」と症状のない「潜伏梅毒」に分けられ、現在は献血や健診などで偶然発見される「潜伏梅毒」と多いとされています。はっきりとした症状が現れる場合、感染後3週間の潜伏期を置いて発症、3ヶ月、3年、10年ごとに症状が進みます。かつては不治の病とされていましたが、特効薬ペニシリンの発明により現在では早期治療により完治する病気となりました。

Top

どんな症状?

「顕性梅毒」の場合、病気の進行によって症状は次の4期に分けられます。

第1期(2~3週間後)
体に小さいしこり・潰瘍(硬性下疳)ができます。ニキビよりももう少し平べったいもので、性器や口の周り、手、乳房などさまざまな場所に現れます。痛みはなく、しばらくすると症状が消えていきます。

第2期(3ヵ月後)
全身にバラのように赤い発疹が出て、外陰周囲に扁平コンジロームという潰瘍ができます。アトピーや汗疹(あせも)の症状に似ており、リンパ腺が腫れて発熱・倦怠感・疲労感に襲われます。痛みはなく、数週間で症状がおさまる場合もありますが、病気が治ったわけではありません。

第3期(3年後)
全身にコブのような硬いしこりやゴムのような腫れができます。これは「ゴム腫」と呼ばれるやわらかい腫瘍で、鼻骨が侵されると鼻が欠損・陥没する場合もあります。このように骨を侵すほどになると、激しい痛みに襲われます。

第4期(約10年後)
末期症状です。心臓や血管、脳、脊髄まで病原菌に侵され、全身麻痺や精神錯乱などが現れ、やがて壊死に至ります。

Top

母子感染

梅毒の母子感染は、妊娠12~16週頃に胎盤を通して胎児に感染するもので、胎盤が出来上がる前の妊娠12週までに治療をすれば防ぐことが可能です。現在は、妊娠初期の検診などで梅毒血清反応の検査が義務付けられているため、母子感染はほとんど見られません。妊娠中に検査を怠るなど治療のタイミングを失うと、死産や流産を招いたり、子どもが先天性梅毒になるなど、なんらかの異常を伴います。安全のため、妊娠に気付いたら早めに検査を受けましょう。

page top