eSampo mama

イーサンポママ

Books

乳房の病気

乳ガン

乳ガンって?

乳ガンは、日本人女性では胃ガンに次いで多いガンです。毎年約2万人の女性がかかっており、30歳以降の比較的若い世代から多く見られるのが特徴です。ここ近年増加傾向にあり、いずれ胃ガンの患者数を超えると考えられています。日本女性の発症率は現在アメリカの8分の1ですが、食生活の欧米化に伴い増加傾向にあります。大人の女性の乳房は、授乳期に乳汁をつくる「小葉」、乳汁を乳頭に運ぶ「乳管」、これらを包む「支持組織」「脂肪組織」「皮膚」からなっています(乳腺組織)。乳ガンの約90%はこの腺管から発生した「腺管ガン」と呼ばれているもの。残りの約5~10%は小葉から発生し「小葉ガン」と呼ばれています。このほか「炎症性乳ガン」と呼ばれる特殊な型の乳ガンもあります。

Top

どんな症状?

症状は、

  1. 乳房にしこりがある(横になって手のひらで触わった場合、筋のように硬く乳腺とはちがう)
  2. 乳頭から分泌物がでる(ウミのような白っぽいものや血液)
  3. 乳頭が“えくぼ”のように陥没している(鏡に写して外側から見ると体内から引っ張られるような感じになっている)

乳ガンは自己検診で発見できます。月に1回はチェックして、小さなしこりも見逃さないように。乳ガンは、触っても痛みがなく硬いものが多いのですが、中には触って痛いものもあります。触って痛くないから乳ガンではないと思わず、しこりが触れたら必ず、乳ガンの専門医を受診するようにして下さい。

page top