eSampo mama

イーサンポママ

Books

妊娠中の病気・トラブル

腰痛

腰痛って?

妊娠と切り離せない病気といえば「腰痛」が挙げられます。おなかが大きくなってくると重心が前に傾いてきます。それを支えようとして背中を反った姿勢を続けていると背部の筋肉や靭帯に負担がかかり、腰が痛むようになります。また、妊娠するとホルモンの働きで骨盤の関節や恥骨、靭帯がゆるむため、体重を支える力が弱くなり腰の筋肉に負担がかかります。これも妊婦が腰痛になりやすい理由のひとつです。「腰痛」そのものが出産に悪影響を与えることはありませんが、頭痛や肩こりなど弊害を起こす原因にもなるので、症状がひどいときは医師に相談しましょう。

Top

どんな症状?

  1. 腰から足先にかけてしびれや痛みを感じる
  2. 足の付け根が痛む
  3. 腰が重く、体がだるい
  4. 太ももの裏側が痛む

などといった症状が一般的ですが、痛む部位や痛みの程度は人によって異なります。

もともと腰痛がある場合と妊娠してはじめて腰痛が出た場合では治療が異なる場合があります。腰痛体操や薬を服用する治療は、必ず医師の指示を仰いでから行いましょう。また、自分で行う予防・治療としてはコルセットや腹帯の使用、正しい姿勢での生活を心がける、散歩やマタニティスイミングなどの軽い運動を行うといったことが効果的です。

page top