eSampo mama

イーサンポママ

Books

首の病気

甲状腺腫(こうじょうせんしゅ)

甲状腺腫って?

甲状腺ホルモンを分泌する甲状腺は、のどぼとけの下あたりにあります。このホルモンは新陳代謝を活発にしたり、体内で摂取した栄養を十分に活用したり、成長期の発達を促す働きをします。しかし分泌される量が多くても少なくても障害をもたらすホルモンで、多すぎると「甲状腺機能亢進症(バセドウ病など)」、少なすぎると「甲状腺機能低下症(橋本病など)」が発症します。

Top

どんな症状?

「甲状腺腫」は多すぎる場合、少なすぎる場合どちらにも表れる良性腫瘍で、

  1. 首が太くなる
  2. 首が腫れる

などの症状がみられます。

45歳前後の女性に多い病気ですが、思春期の若い女性にも「単純性甲状腺腫」という疾患が多くみられます。これは海藻などヨードを含む食品の摂取不足が原因ともいわれ、他に異常がなければ特別な治療は必要ありません。「亢進症」の治療は、薬物療法や、大きさによっては摘出手術が行われ、「低下症」の場合はホルモン剤の投与が行われます。

page top