eSampo mama

イーサンポママ

Books

血液の病気

低血圧症

低血圧症って?

血圧は状況の変化によってある程度、数値の変動はあるものです。しかし、常に最大血圧が正常値(一般的には100~130mmHg)以下、要するに 100mmHg以下を示している場合を「低血圧症」といいます。このうち「低血圧症」の約9割を占めるのが「本能性(一次性)低血圧」で、これは遺伝的な要素が考えられます。その他に、ケガによる大出血、心臓病、胃腸疾患による栄養不良、内分泌の異常、ガンの末期などで起こる「症候性(二次性)低血圧」、立ち上がったときに急激に血圧が下がる「起立性低血圧」があります。

Top

どんな症状?

共通する自覚症状は、

  1. 疲れやすい
  2. 倦怠感
  3. 肩こり
  4. 頭痛
  5. 立ちくらみ

「本能性(一次性)低血圧」と「起立性低血圧」では、ひどい自覚症状がなければあまり心配する必要はありませんが、食生活の偏りをなくすなど日常生活の心がけは大切です。一方「症候性(二次性)低血圧」の場合は、原因となっている疾患の治療をすることで症状の改善がみられます。

※低血圧症に有効な食品
良質のタンパク質、野菜・海藻類、豆・豆製品。偏食を無くし、栄養のバランスをとることが大事。

page top