eSampo mama

イーサンポママ

Books

泌尿器の病気

尿管結石

尿管結石って?

腎臓と膀胱をつなぐ尿管に結石ができる「尿管結石」。結石は尿に含まれるカルシウム、リン、尿酸などが結晶したもので形や大きさはさまざまです。発生の原因は不明ですが、できやすい体質があり、再発しやすいともいわれています。また、動物性タンパク質の摂り過ぎによる尿酸の増加、薬物の副作用、カルシウム代謝に異常があった場合などさまざまな要因が考えられます。

Top

どんな症状?

症状は、

  1. わき腹から下腹部に痛みがある(痛みは結石のつまる場所による)
  2. 血尿

大きさが2~3mm以下で滑らかな形の結石であれば、尿管を下りてきて、膀胱、尿道口を経て自然に排出される可能性があります。この場合は尿管を弛緩させる薬剤を用いたり、水分を多く摂って尿を増やすなどして排出を促します。それでも排出されない場合や自然排出不可能な大きさ・形の結石には、X線や超音波で結石の位置を確認し、体外から衝撃波を与え、結石を小さく砕く治療などを行います。

page top