eSampo mama

イーサンポママ

ベビ待ちBooks

妊娠中にりんご病にかかると胎児に影響がある?

Q132人目の妊娠を望んでいます。妊婦がりんご病にかかると胎児に影響があると聞きました。以前、息子がりんご病にかかったので、私にも抗体があるかもしれません。抗体があれば大丈夫ですか?また、抗体の有無は病院で調べてもらえますか?これから何に気をつけたらいいか教えてください。

answer

A13大人がりんご病にかかることは少ないのですが…

まず、りんご病がどんな病気か説明しましょう。りんご病は子どもが多くかかるもので、ウイルス感染によって、両頬に赤い発疹が出て咳や鼻水など風邪のような症状が出る病気です。大人でかかる人は少なく、かかったとしても発症すると風邪のような症状は出ますが、発疹で顔が赤くなる人は少ないようです。

妊婦がかかった場合、パルボウイルスというウイルスが胎児の赤血球を破壊するため、胎児は極度の貧血となり、胸水や腹水がたまる「胎児水腫」となって、妊娠初期の場合は流産、中期以降では胎児死亡となってしまいます。しかし、りんご病にかかっても、8割は無事に出産できるというデータもあるんですよ。ですから、もし「りんご病にかかったかな?」と思ったら、できるだけ早く診察を受けましょう。

また、抗体を持っていれば大丈夫か…という質問ですが、これは100%大丈夫だとは言えません。風疹などもそうですが、一度かかっていても再感染の可能性があるからです。ただし、再感染の場合は胎児に影響が出ることはまずありません。抗体の有無の検査は可能ですが、保険の適応はなく高い費用がかかるということと、もし抗体があったとしても用心が必要だということは覚えておいたほうがいいでしょう。
予防については、残念ながらまだワクチンができていないため、その完成を待つしかない状況です。

page top