eSampo mama

イーサンポママ

ベビ待ちBooks

基礎体温が大切な理由

“基礎体温”と聞くと「妊娠を希望する人が排卵日を調べるために測る」というイメージがありませんか?もちろん妊娠しやすい日が確認できたり、逆に妊娠しないために排卵日を知ることもできます。
でも実はそれだけではなくて、女性の体&健康のバロメーターでもあるのです。まずは月経の仕組みを理解して、基礎体温が教えてくれることを、体のケアに役立てていきましょう。

月経の仕組み

思春期になると、女性の体内には卵胞刺激ホルモンが多量に分泌され始めます。このホルモンが分泌されると卵巣内でひとつ(または複数)の卵胞が成熟し、卵子が腹腔内に飛び出します。これが排卵です。
そして、子宮の内膜は卵胞から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)、黄体形成ホルモン(プロゲステロン)のふたつのホルモンの作用で受精卵が着床しやすいようにフカフカになります。
受精卵がやってこなかった場合、子宮内膜がはがれ、血液となって体外に排出されます。これが月経です。

このように月経は分泌される時期の違う卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体形成ホルモン(プロゲステロン)にコントロールされていて、それが平熱に対して0.3~0.5℃程度の微妙な体温変化として表れるのです。

月経の仕組み

体の変化がわかる基礎体温表

これだけ複雑なことが体内で起こっているので、基礎体温は卵巣、子宮、女性ホルモンのバランス、それをコントロールする下垂体などによって変化し、異常をチェックする目安になるのです。 自分の体調と、体内でどんなことが起こっているのかをきちんと把握するためにも、基礎体温はとても大切です。だからこそ、基礎体温表をつけてみましょう。

page top