eSampo mama

イーサンポママ

ベビ待ちBooks

妊娠力を高める食べ物と栄養素

妊娠力を高める食べ物と栄養素

ベビ待ちさんの食生活で心がけたいことは、“体を温める食材”を食べること。体を温めることで、血行がよくなり、子宮をはじめとした臓器の機能アップにもつながります。

しょうが

冷え性対策でも注目されている“しょうが”は、体を温める食材の代表選手! 多くの料理と相性がいいうえに、紅茶に少し加えてジンジャーティーにしても、味噌汁に加えて風味をアップさせてもいいですね。同様に薬味として使われる、ネギや唐辛子にも血行を促進する効果があるので、しっかり体を温めてくれます。

果物類

果物類は体を冷やすイメージがありますが、寒い地方で収穫されるものは体を温めてくれるので、おやつやデザートにも最適。りんごやさくらんぼ、ぶどう、プルーンなど、寒い地方の果物に注目してみてくださいね!

根菜類やイモ類

また、ビタミンCやビタミンEを豊富に含む根菜類やイモ類もおすすめ。ビタミンEには血行を良くする働きと、体内のホルモン分泌を調整する働きがあり、ビタミンCには毛細血管の機能を保持し、鉄分の吸収を促進する働きがあります。これらの栄養素を豊富に含む根菜類やイモ類は、食べるだけで体を芯から温めてくれるんです。

体を冷やす食材

逆に体を冷やす食材は控えめに。“冷え”は妊娠の大敵です。ナスやきゅうりなどの夏野菜は、生のままで食べると体を冷やしてしまうので気をつけて! とは言え、それらにも栄養素がしっかり含まれているので、食べる際に加熱調理するなど、調理法を工夫することで、冷やす作用を抑えることは可能です。

最後に、食事面で何より大切なことは、バランス良い食事を三食きちんと摂ること。穀物や野菜、魚、肉、イモ類、きのこ、海藻類、乳製品、豆製品、果物など、栄養が偏らないように、まんべんなく食べましょう。そのうえで、体を温める食材を意識して摂り入れると、妊娠しやすい体に近づくことができるでしょう。

体を温める食材

菜類・イモ類
しょうが、ネギ、れんこん、サトイモ、じゃがいも、ゴボウ、玉ねぎ、ニンジン、カブ、大根など

寒い地方で採れる果物
りんご、さくらんぼ、ぶどう、プルーンなど

塩気のあるもの
しょうゆ、味噌、漬物、佃煮など

動物性のもの
卵、チーズ、レバー、赤身の肉、魚など

体を冷やす食材

暑い地方で採れる野菜・果物
ナス、きゅうり、バナナ、パイナップル、レモン、みかん、スイカ、メロンなど

白っぽいもの
白砂糖、化学調味料など

柔らかいもの
パン、バター、マヨネーズ、クリームなど

page top