eSampo mama

イーサンポママ

ベビ待ちBooks

不妊症検査について

不妊の原因はカップルのどちらにあるかわかりません。不妊症検査はふたり揃って受けましょう。

女性が受ける検査

女性の不妊症の検査は生理周期(体の状態の変化)に合わせて段階的に行われるため、1~2ヶ月程度かかります。生理終了直後に受診するのがベストです。

初診

問診

生理開始日と日数、生理周期と月経時の様子、妊娠・出産経験、流産・中絶の有無、既往症や手術の有無など、体の状態を把握する質問がされます。

※初診までに2~3ヶ月分の基礎体温表を用意しておくと良いでしょう。
また、不妊治療の方針や今後の検査など、疑問・不安を最初にしっかり確認しましょう。

内診

外陰部の視診、膣鏡・指を使って子宮の状態、膣の奇形、子宮筋腫の有無、卵巣の腫れなど問題がないか調べます。
びらん、子宮頚管ポリープ、おりものの状態のほか、子宮筋腫、子宮ガン、卵巣腫瘍、子宮内膜症などの有無がわかります。

経膣超音波検査

膣内に超音波装置を入れて子宮や卵巣の状態、腫瘍や子宮内膜ポリープの有無を調べます。

page top