eSampo mama

イーサンポママ

【重要】メンバー機能廃止のお知らせ

プレママBooks

ママ用品

妊娠後期(8~10カ月)

いよいよ妊娠後期に突入。おなかはますます大きくなり、体もむくみやすく、おなかが張ることも。特にむくみすい足は、弾性ストッキングや伸縮性のあるバンテージ(包帯)などで圧力を与えるといいでしょう。また、そろそろ入院準備や産後の準備も開始!必要なグッズを揃えておきましょう。

Index

弾性ストッキング

弾性ストッキング

妊娠後期になると足のむみくがひどくなる場合があります。そんな時に活用したいのが、弾性ストッキング。普通のストッキングと異なる特別な編み方で、脚を外側から強く圧迫するように作られています。下肢静脈の血液還流を促進する働きがあるため、むくみがちな足にはぜひ用意しておきたいグッズです。

一覧へ

産褥(さんじょく)ショーツ

産褥ショーツ

分娩が終わると、1カ月ほど膣から月経のような出血がみられます。これは「悪露(おろ)」と呼ばれる分娩後の産褥時に子宮から排出される分泌物。この「悪露」の手当てのためにも、防水布もしくは撥水布付きの専用ショーツを用意しておきましょう。入院日数分用意しておくと、洗濯の心配もいりません。

一覧へ

円座クッション

円座クッション

出産時に会陰切開をした場合など、傷の痛みがあるため、出産直後は普通のイスに座るのが困難なことも。そんな時、円座クッションがあれば傷口が直接イスに触れることもなくラクでしょう。病院に用意されていることも多いので、有無を確認し、必要があれば準備しておきましょう。

一覧へ

母乳パッド

母乳パッド

赤ちゃんが生まれてすぐに始まる2、3時間おきの授乳。授乳していない方の乳房から母乳が出てしまったり、授乳のタイミングでないときに出てきてしまうなど戸惑うことも多いはず。そこで活躍するのが母乳パッド。吸水性があり、ブラジャーの中に収められるので、服を汚す心配もなく安心です。

一覧へ

授乳服

授乳服

授乳が楽に出来るよう、様々な工夫が施された洋服。授乳が難しいワンピースやチュニックなども、授乳口が付いている授乳服なら簡単に行えます。一見、普通の服とは変わらないような、オシャレなデザインのものも増えているので、ぜひ活用したいですね。

一覧へ

授乳用肌着

授乳用肌着

授乳服とセットで用意しておきたい専用下着。クロスオープンタイプのブラジャーやキャミソールなら授乳時におなかや背中が丸見えにならず、さっとラクに授乳ができます。そのほか、前開きタイプやストラップオープンタイプのブラなど、様々なデザインのものがあります。

一覧へ

搾乳機

搾乳機

ママのおっぱいから、母乳を搾乳するためのアイテム。手動タイプ・電動タイプがあります。おっぱいがパンパンに張って痛いときや、赤ちゃんにおっぱいを吸わせにくいときなどに使います。

一覧へ

授乳ケープ

授乳ケープ

授乳時にママと赤ちゃんの体をすっぽりと包むケープ。周囲の目線を気にせず、赤ちゃんにおっぱいをあげることができます。

一覧へ

授乳クッション

授乳クッション

腰や背中への負担を減らし、楽な姿勢で授乳できるクッション。クッションの上に赤ちゃんを乗せて授乳することで、赤ちゃんの重さが分散され、一日何度もある授乳時の負担が軽減されます。赤ちゃんを座らせておく背もたれクッションなどにも使用できるので、ひとつあると重宝するはず。

一覧へ

産後リフォームインナー

産褥ニッパー
産褥ニッパー
ウエストニッパー
ウエストニッパー
ガードル
ガードル

出産で変化した体型を元に戻すサポートをする下着。また、骨盤を締めて元の位置に戻し、内蔵・子宮下垂を予防する目的もあります。産後すぐ~産後1週間までは産褥ニッパー(2本程度)、産後1週間~1カ月まではウエストニッパー(1~2本程度)、産後1カ月(悪露が治まってから)~6カ月位まではガードル(2本程度)を。適切な時期に適切なインナーを段階的に着用し、無理なく体型リフォームを進めましょう。

一覧へ

page top