eSampo mama

イーサンポママ

【重要】メンバー機能廃止のお知らせ

いまママBooks

布と紙、どっちがいい?

布vs紙 メリット・デメリット

メリットとデメリット

布おむつと紙おむつをいろんな側面から比較してみました。
おむつどうしよう?と悩んでいる新米ママさんは、この表を参考に今の自分の状況によって、どの項目に重点を置くかよく考えてみましょう。

コスト
おむつ自体は安い。
兄・姉のおさがりも使える。
洗濯の水道代はバカにならない!
布おむつと比較するとやっぱり高い。安売りチェック、まとめ買いはひと苦労!
環境問題
何度も使えて、ゴミも少ない。
洗濯は水・電気の消費&水質汚染。
洗濯がない分、水・電気は消費しない。
毎回捨てる紙は資源のムダ。
交換の手間
男の子は前を厚く、女の子は後ろを厚めになど、当て方ひとつでも紙の簡便さには負ける。
テープでとめるだけ。
吸収力のいい紙おむつなら、交換する回数が少ない。
買い置き
いったん買ったらずっと使える。
買い出しの手間がかからない。
なによりかさばる。
毎日の出費だから、安売りを求めてさ迷うことも。
後始末の手間
使い終わったらつけ洗い、その後洗濯、乾燥、たたむ(そして時々アイロンがけ)。
はずしたら、丸めてビニール袋に入れて頑丈に口を結んでポイ。
パパの参加度
手際よくしないと赤ちゃんが暴れたりして一苦労。
熟練の腕がなくても着けられるので参加しやすい。
おしりケア
紙おむつにかぶれてしまう赤ちゃんも使える。でも、洗剤や柔軟剤に注意!
モレやすさでは紙にちょっと劣る。モレると赤ちゃんも気持ち悪い。
通気性、モレ、フィット感のすべてにおいて、赤ちゃんに負担がかからないものが当たり前。
赤ちゃんが心地よさそうにしているので、ついつい替えそびれて、不衛生になることも!
トイレトレーニング
濡れる感覚を知っている赤ちゃんは、はずれるのが早いという説も。
あまりの快適さにおむつ離れが遅れるという説もあり。関係ないという説もあり。
外出時
吸収力、フィット力の面では紙よりやや不利。
使用後のおむつを持ち歩くのも大変。
長持ちなので安心。
おむつ交換も楽。
page top