eSampo mama

イーサンポママ

【重要】メンバー機能廃止のお知らせ

いまママBooks

皮膚

水いぼ

どんな病気?

伝染性軟属腫ウイルスが原因で、1~5mmくらいの光沢のある半球形のいぼが体中に出現します。
肌の接触やタオルから感染します。放っておいても自然に治りますが、伝染性が強い病気です。

Top

何歳位でかかるの?

5~6歳ころがピーク。
大人になると免疫ができて、自然に消えていきます。

Top

症状は?

はじめに直径1~5mmくらいの丸くて表面がつやつやした柔らかいいぼができ、次第に大きくなります。
脇の下など、皮膚が擦れ合うところによくできます。ほとんどの場合、かゆみや痛みはありません。
水いぼをつぶすと小さくて白い粒のようなものが出てきます。これがウイルスの塊で、他のところに付着しながら増えていきます。

Top

治療法・予防法

ウイルスに対して免疫ができてくるので、放置していても2年ぐらいまでに消滅します。
治療法はピンセットで摘み取ったり、漢方を飲んだりする方法もあります。

Top

お家でのケア方法

プールやお風呂など、肌が触れ合う場所で感染しやすいので、タオルや浮き袋の共用は避けたほうが良いでしょう。

Top

頻度

よくある

page top