eSampo mama

イーサンポママ

【重要】メンバー機能廃止のお知らせ

Books

子宮の病気

子宮ガン

子宮ガンって?

この疾患は子宮にできる悪性腫瘍で、発生部位によって2種類に分けられます。

子宮頸ガン
30代から急激に増えはじめ40~50代にかけて発症のピーク。性生活や出産と関係があると考えられています。子宮口近くの膣側にある子宮頸部(けいぶ)にできる悪性腫瘍。

子宮体ガン
閉経後の50代後半~60代前半にかけて発症するケースが最も多い。子宮の奥の丸みをおびた部分、子宮体部(たいぶ)にできる悪性腫瘍。

Top

どんな症状?

症状は、

  1. 不正出血がある
  2. 悪臭のある血の混じったおりものが、腹痛とともに見られる
  3. 神経が圧迫されている場合、腰痛などの痛みなど

なお、「子宮肉腫」も子宮体部にできる悪性腫瘍で、2~5%の発生率ですが、ガンに比べて進行が早いとされ、怖い疾患です。 とにかく早期発見がなによりも大切。定期検診はもとより、症状がみられたらすぐに病院へ行かれることをおすすめします。

page top