eSampo mama

イーサンポママ

【重要】メンバー機能廃止のお知らせ

Books

妊娠中の病気・トラブル

妊娠中の静脈瘤(じょうみゃくりゅう)

妊娠中の静脈瘤って?

静脈内に血液がたまり、みみずばれのようにふくらんだり、こぶができた状態を「静脈瘤」といいます。妊娠しておなかが大きくなると、骨盤内がうっ血して下半身を流れる大静脈の還流が悪くなり、足や外陰部、膣部などに静脈瘤ができます。多くは出産後自然に消えるため、とくに治療する必要はありませんが、外陰部や膣壁に出来た場合、分娩時に破裂して大出血を起こす危険性があるので注意が必要です。予防には下半身の血行をよくすることが大切です。就寝時は下半身を少し高くするようにする、長時間の起立を避け、同じ姿勢をとらない、便秘をしない、下半身を圧迫するガードルや腹帯を着用しない、下半身を冷やさない、弾力性のあるストッキングを使う、などを心がけましょう。

page top