eSampo mama

イーサンポママ

【重要】メンバー機能廃止のお知らせ

ベビ待ちBooks

太りすぎ、痩せすぎ、大丈夫?

太りすぎ、痩せすぎ、大丈夫?

痩せすぎも太りすぎも、妊娠を希望する女性にとってはいい状態とは言えません。なぜなら、痩せすぎ・太りすぎの状態だと、ホルモンバランスが崩れ、月経障害や排卵障害を引き起こす可能性が出てくるから。排卵障害があれば、当然妊娠する確率は低くなります。また、肥満の女性は無排卵になる確率が高いとも言われています。肥満の女性が適正体重になっただけで、ホルモンバランスが整い妊娠したという報告もあります。

無理なダイエットによる急激な体重の減少も要注意!1年間に体重の10%以上の体重の減少があると、月経が止まりやすくなります。そのような状態になると、月経が再開するにはかなりの時間を要すもの。卵巣が正常に機能し、再び月経が始まるまでには、個人差もありますが、2、3年、あるいはそれ以上かかるケースもあるそうです。無月経、無排卵が長期にわたると、子宮や卵巣の機能が衰え、ホルモン剤を投与しても反応が鈍くなり、月経や排卵を起こすことが難しくなります。ベビ待ちさんは痩せすぎにも、太りすぎにも気をつけて!

まずは、自分の適正体重を知ることから始めてみましょう。

身長と体重を入力し、現在のBMI値をチェック!

 cm
 kg

あなたのBMIは0です。

あなたの理想体重は0kgです。

BMI値
18.5未満・・・低体重(やせ)
18.5以上~25未満・・・普通体重
25.0以上・・・肥満
(参照/日本肥満学会2000)

BMI値が18.5以上~25未満の普通体重値が、健康にも妊娠にも最も理想的な範囲。体重とホルモンバランスの関係はとても密接で、痩せすぎの人や肥満の人が適正体重に近づける努力をしただけで、自然排卵がみられるようになったケースもあります。自分の今の体の状態をしっかり把握し、適正体重を維持する生活を心がけてみませんか?

page top