eSampo mama

イーサンポママ

【重要】メンバー機能廃止のお知らせ

ベビ待ちBooks

女性の不妊治療

不妊症の治療は原因や症状に合わせて行われます。一般不妊治療を1~2年続け、妊娠しなかった場合に高度生殖医療へ進むのが一般的です。

不妊治療の段階

一般不妊治療

タイミング療法

ホルモン療法

人工授精(AIH)

高度生殖治療

体外受精(IVF)

顕微授精

タイミング療法

検査で男女ともに原因がみられない場合、または不妊原因の症状が軽くて自然妊娠が可能と判断された場合に行います。
自然の生理周期から排卵日を特定し、その日にセックスをすることで自然妊娠を目指します。

ホルモン療法

基礎体温やホルモン検査で排卵がない、排卵までの期間が長い場合、タイミング両方で妊娠しなかった場合などに行います。
排卵誘発剤や黄体ホルモン剤などを使いながら、タイミング療法を行います。

人工授精(AIH)

フーナーテストの結果が良くない場合や男性に問題がある場合、タイミング療法やホルモン療法で妊娠しなかった場合などに行います。
排卵日当日か前日を狙って、採取した精子を子宮の奥に注入し、自然な受精を目指します。

体外受精(IVF)

女性は卵管が塞がって受精が困難な場合や、子宮、卵管、卵巣などに強い癒着がある場合、男性は精子の数が極端に少なく運動率が悪い場合、人工授精で妊娠しなかった場合などに行います。
採取した卵子と精子を体外で受精させ、ひとつの受精卵を子宮内に戻します。
男性の無精子症などの場合でも体内から精子を採取できます。

顕微授精

男性に原因がある場合や、体外受精を何度行っても妊娠しなかった場合などに行います。
別名「イクシー法(ICSI)」とも呼ばれています。人為的に受精を行うので体外受精より妊娠しやすくなります。
体外に取り出したひとつの卵子に対し、顕微鏡を覗きながらひとつの精子を注入し授精させた後、その受精卵を子宮内に戻します。

page top